育児

小学生の勉強机はシンプルなものを!成長しても使い続けられるものを選ぼう!

小学校入学前になると、ランドセルと勉強机を用意するというおうちも多いですよね。 我が家も、勉強机をしっかり購入して小学校入学に備えていました。でも、この我が家が選んだ勉強机ですが、ものすごく失敗した!と後悔しています。 戻れるなら入学前に戻って購入を引き留めたいくらいです。私は長女も次女もゴツイ高い学習デスクを購入して後悔ばかりです。 私が失敗した勉強机選びや、選び方のポイントをお話したいと思います。
育児

中学生のスマホを取り上げたらかわいそう?困る?あんまり困らなかった

中学生の長女ですが、スマホのルールを破るのが3回目となり、最初の約束通り取り上げることになりました。 取り上げてから1週間、友達とLINEもできず、音楽や動画も見ることができない状態でどうやって過ごすのか様子を見ていましたが全然平気でした。 スマホを好き勝手に使っている友達も多い中、我が家はルールを決めて使わせていました。そのルールを破れば当然、スマホの取り上げや解約も了承済みです。きちんと罰がないとだめだと考えているので、思い切って取り上げに。
レジャー

城崎の外湯めぐり!宿泊なしでも楽しめる外湯めぐりのやり方!持ち物や服装など

城崎といえば、全国的に有名な温泉があります。関西に住んでいるわたしは何度も城崎に旅行に行って温泉を楽しんでいます。 城崎に行くなら、宿泊してゆったりと過ごすというのが定番ですが、城崎の温泉宿やホテルは人気が高く、GWや夏休みなどは余裕を持って予約をしないと、ものすごい高いプランしか残っていないということに。 城崎は宿泊でなくても日帰りで十分温泉を楽しめます。今年のGWは日帰りで外湯だけを楽しんできました。ここでは、城崎名物の外湯めぐりのやり方をご紹介します。
レジャー

GW後半はリゾ鳴尾浜に!空いている時間は?外のプールで遊べる?

10連休のGWも前半が終了しましたね。前半はあまりお天気に恵まれず、肌寒い日が続きましたが、後半はお天気も良く、夏日になる地域も増えるようです。 GW後半、「ちょっとどこかに子供を連れて行ってあげたいな」という方は、リゾ鳴尾浜がおすすめです。我が家もGW(5/2)に行ってきました!この時期でも意外と混んでいるリゾ鳴尾浜ですが、楽しく遊べる空いている時間などをご紹介します。
ブログ

蛍光ペンがにじむ…ボールペンをは油性を選べばにじまないよ!

ボールペンの上から蛍光ペンを使うと、ボールペンがにじんで汚くなってしまうという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?ボールペンが乾くまで待つのも時間がもったいなくて嫌ですよね。 ボールペンが乾くのを待たずに、蛍光ペンをにじませずにきれいに引く方法を見つけましたので、参考にしてくださいね。
育児

弱視治療用のメガネは外せる?9歳までは外さないのがベスト!

弱視治療を終えた次女。動きが荒いのか、取り扱いが雑なのか、よくわかりませんが、先日メガネのフレームが割れ、レンズがポロリ・・・。 弱視用のメガネは買い替えるのも大変なので、治療も終わったことだし、病院へメガネは外しても大丈夫か問い合わせてみた話をまとめました。
育児

子供の二の腕のブツブツ、市販薬を試してみる!

子供のお肌ってつるつるのイメージがありますが、うちの次女のお肌はそうではありません。二の腕部分がブツブツになっているんです。大人の女性でも悩んでいる方は多いですよね。 病院でも自然治癒を待ちましょうといわれたこの二の腕のブツブツですが、高学年ともなると本格的に本人が気にします。 病院でお薬がもらえないなら市販薬で!ということで、少しでも治すことができるのか試してみることにしました。
ブログ

袴(卒業式)のクリーニング代の相場は?家で手洗いできる?かもる家の場合

卒業式に長女が1回だけ着た袴。次の次女に着せるため、3年間保管しなければなりません。その前に必要なのがクリーニングです。袴のクリーニングってクリーニング代がとても高そうですよね。 どこのクリーニング店でもお願いできるのか、クリーニング代はどれくらいかかるのかなど、クリーニング代の相場、安い高いでどう違うかなど気になることがたくさんです。 ここでは、袴のクリーニングについてまとめました。
健康

部分入れ歯のお手入れは慣れれば簡単!毎日のブラッシングと週1の洗浄剤で

43歳にして3本(1本と2本)が部分入れ歯のかもるです。歯が弱いため、将来のことを考えてブリッジという選択はありませんでした。抜歯した歯の全てを部分入れ歯にしましたが、最初はお手入れ方法が面倒で大変なイメージが。でも、実は部分入れ歯のお手入れは簡単なんですよ。
健康

バセドウ病でも妊娠出産は可能?妊娠出産記

バセドウ病は女性に多い病気です。わたしも20代前半で発病し、気がついたらもう20年以上闘病生活が続いています。 若い女性がバセドウ病にかかると気になるのが妊娠や出産ではないでしょうか?バセドウ病だと妊娠出産は難しいと聞いたことがある方もいるかもしれませんね。 わたしがバセドウ病を患いながら妊娠出産した体験談をお話しします。
タイトルとURLをコピーしました