中学校って学費はいくらかかるの?公立中学校で年間にかかる諸費用について

中学校って学費はいくらかかるの?公立中学校で年間にかかる諸費用について

小学校と比べて中学校の学費や諸費用って気になりますよね。

公立中学校は市立中学校に比べると安いとは言われますが、小学校より高いの?安いの?が気になるのが本音です。

学校説明会でもまったく説明がなく、郵便局への口座開設のみいわれていたので、ドキドキしていました。




公立中学校の学費はいくら?

娘の通っている中学校は給食がなく、毎日お弁当が必要になります。給食がないので給食費というものがかかりませんから、授業料は安いです。さすが公立中学校!

娘の中学校では、引き落としは6月開始で12月までの半年間(6回引き落とし)で1年分の授業料を支払うようになっています。

1年間にかかるいわゆる「学費」ですが、39,000円でした。本当に家計に優しくてありがたいです。娘の友達が通っている私立中学校の学費は年間60万円ほどするそうで、お金だけで言えば親孝行かも。

月によって多少引き落とし額が違うのですが、6,010円、7,180円、7,780円となっています。

 

諸費用の内訳は?

金額の内訳ですが、

  • 服教材費等
  • PTA会費
  • 生徒会費
  • クラブ育成費
  • 口座引き落とし手数料

となっています。

ほとんどが問題集やファイル、夏休みや冬休みの宿題のドリル、資料集といった感じです。


スポンサードリンク

中学校では他にどんなことにお金がかかる?

学費自体はとっても安くてありがたい公立中学校ですが、他にもお金が必要になるものがあります。

辞書やリコーダー、水着など必要なものがちょこちょこありますが、金額的には2,000~3,000円くらいの出費です。

そして、部活に入るなら別途費用が必要になります。

まず大きいのがクラブ活動費でしょう。

これはどの部活に入るかで違い、娘のテニス部では年間6,000円ですが、バレーボール部などは3万円もするんだそうです。

それ以外に、運動部ではユニフォーム代やボール代、試合へ出場するための登録料などもかかってくるので、部活に入るなら、プラス数万円必要になるでしょう。

部活にユニフォーム以外の費用は発生することは驚きでしたが、今では普通のようですね。学校が力を入れている部活の方が費用は高くなるようですよ。


スポンサードリンク

育児カテゴリの最新記事