小学校入学前から始めておきたい和式トイレトレーニング!

育児

小学校入学前に心配なことはいろいろありますが、そのひとつがトイレです。

当然、ほとんどのお子さんが小学校入学前にはトイレは1人でできる状況ではありますが、それは洋式トイレなら完璧!ということで、和式トイレではできないという子供も多いですよね。

次女は和式トイレができなくて学校生活が大変でした。

入学前にはしっかりトイレトレーニングを済ませておいた方が良いというお話です。




小学校のトイレは和式トイレが大半!なぜ和式?

年号は令和になりましたが、小学校のトイレは相変わらず和式です。

娘の通う小学校では、ひとつの校舎は耐震工事の際、合わせてトイレの工事も行い、とってもきれいになりました。トイレはありがたいことに洋式になりました。

でも、なぜかひとつの校舎の2階と4階部分だけが様式になっただけなので、それ以外の学校のトイレはすべて和式です。

私が子供の頃には小学校に限らず、中学、高校までトイレは和式でしたが、今の時代は洋式になっているのでは?なんて思ったりもしましたが、全国の小学校のほとんどのトイレが和式なんですよね。

でもなぜ小学校のトイレは洋式にならないのでしょうか?

どうやら、校舎の耐震工事の方が優先され、トイレの改修にまで手が回らないというのが理由のようです。まあ、実際、トイレの改修よりも耐震ですよね。


スポンサードリンク

 

小学校入学前に和式トイレトレーニングが必要な理由

和式トイレトレーニングが必要な理由は、小学校のトイレが和式トイレが多いからです。

和式トイレで用を足せないとなると、子供は我慢するか、上手にできずに洋服や下着、便器周りを汚しながらするしかありません。

そんなことになると、子供でもとても傷ついてしまいますから、学校へ行きたくないと言い出す心配もあります。



かもる家の場合

うちの2人の娘ですが、長女は和式トイレトレーニングはしたことはないですが、その辺の順応性があったようで困ったことはありませんでした。

同じ感じで次女にも和式トイレトレーニングをしませんでした。

結果、次女は学校でトイレに行くことができません。朝、家でトイレに行ってから5時間目が終わって帰宅する15時半くらいまで、1回もトイレに行かないんです。

和式トイレではできない&学校のトイレが汚くて入れないというのが理由です。

さすがに病気になるのでは?と思い、ちゃんと行くように言いましたが、なかなか難しく、3年生になった今でも、もらしそうな勢いで帰宅後すぐトイレに駆け込むことがあります。

1年生に比べると、徐々に行けるようにはなってきたようですが…

 

和式トイレではできないと、我慢するとどうなる?

これ、私が一番気になっていたところでした。

トイレに行きたいのを我慢し続けていると、膀胱炎になるという話はよく聞きますが、本当に膀胱炎だけで済むのか、それがとても気になりました。

トイレを我慢すると、閉尿や感染症のリスクが高くなってしまうようです。閉尿というのは膀胱内の尿を完全に排出されなくなる病気で、膀胱内でバクテリアなどの菌が繁殖して、泌尿器の病気にかかってしまうリスクが高くなります。

最悪の場合、膀胱が破裂する可能性もあるようで、16世紀の天文学者が長時間トイレを我慢し、膀胱が破裂して亡くなったそうです。怖いですよね…。

膀胱が破裂するようなケースは本当に稀かもしれませんが、どちらにせよ体には良くありませんよね。

 

どうやって和式トイレのトイレトレーニングをさせる?

トイレを我慢するのは体に良くありませんから、何とか学校の和式トイレに行ってもらいたい。

練習しようにも、家のトイレは洋式。

ということで、かもる家の場合は、お風呂場で練習をさせました。

まず足を開いて立ち、下着を下ろしてしゃがむ、という練習をしました。下着を下ろす位置もおしっこがかからないところを「ここまで下げて」と教えてあげるとわかりやすいかもしれません。

外出先でも積極的に和式トイレを利用して、一緒に個室に入って教えてあげると良いかもしれませんね。

かもる家の次女は、最悪洋式のトイレがなければ、致し方なく和式トイレも何とか使えるようになりましたが、もっと小さいうちにトレーニングしておけばと後悔中です。


スポンサードリンク

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました