甲状腺機能亢進症(バセドウ病)闘病記~発病編

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)闘病記~発病編



わたしは当時聞いたこともないバセドウ病に発病しました。

病院に行っても病気の正体がわからず、とても苦しく不安な日々を過ごしました。

バセドウ病に似た症状を持つ病気は他にもありますが、同じような症状が出た方に、「もしかしたら甲状腺に異常があるのかも?」と思ってもらえれば、治療が早く進む場合もあるので、バセドウ病を発病したときの状態をまとめました。

 

バセドウ病が発症した!

 

バセドウ病が発症したのは大学生4年生の冬でした。

スーパーでレジのアルバイトを当時していたのですが、レジに立って1時間ほどしたとき、膝ががくがくする、手が震えるといった症状が急に出てきました。

レジに立ちながら「どうしたんだろう?」と思っていたら、次に襲ってきたのが吐き気でした。

レジだと簡単にトイレに行くことができないのですが、他の方にレジを変わってもらい、何度もトイレに駆け込みました。

実際に嘔吐することはありませんでしたが、とにかく気持ち悪くて、これ以上バイトを続けられないと思い、その日は早退させてもらいました。

家で寝ていると吐き気や手足の震えは治まり、翌日もバイトだったので向かいました。

でも結局バイト中に昨日と同じ状態になってしまい、早退することになりました。

 

甲状腺機能亢進症(バセドウ病)の初期症状まとめ

総合病院で診察を受ける

 

自分でも風邪とは違う症状だったということもあり、近所のクリニックではなく、総合病院を受診しました。

受付で症状を伝えると内科を受診するよう言われました。

内科のお医者さんに症状を説明すると、吐き気止めと胃腸薬を処方されました。

指示通り薬を飲んでいましたが、まったく症状が良くならなかったので、大学へも行けず家で安静にしていました。

再び病院を受診しましたが、別の科に回したり、血液検査などの検査もなく、薬を変えて処方されました。

総合病院なので待ち時間も長く、その間、何度吐き気でトイレに駆け込んだかわかりません。

座る長椅子もなく、隅っこでしゃがみこんでいると、おじいさんが「ここ座りぃ~」と席を譲ってくれました。

 

近所のクリニックで再受診

 

総合病院はイメージ的にはどんな病気にも対応してくれる、いろんな科で多角的に診察してくれるといったイメージはありませんか?

わたしはありました。

ですが、結局わたしが受診した総合病院は、そんなイメージとはかけ離れ、単に待ち時間が長く、効かない薬を処方してくれるだけのところでした。

症状は悪化するばかりで良くならないので、結局、近所の内科のクリニックを受診しました。

そこのお医者さんは、すぐに甲状腺を疑ってくれて、血液検査をしてくれました。

そして見事、甲状腺機能亢進症という病名がわかりました。

ただし、このときは、肝機能にも異常があり数値が大変なことに。

1週間ほど毎日点滴に通いました。

 

内分泌化へ紹介状を書いてもらう

 

その近所の内科のクリニックの先生に、甲状腺の専門医への紹介状を書いてもらいました。

大きな病院にいたお医者さんが、クリニックを近くで開くということで、そちらへ転院しました。

つい、小さなクリニックは総合病院よりもダメだといったイメージがありましたが、この件でそのイメージは払しょくされました。

 

まとめ

 

総合病院に対する信頼がかなり下がってしまいましたが、もちろん、どんな病院でも良いお医者さんもいれば、いわゆる「ヤブ」といわれるお医者さんもいます。

良いお医者さんを見つけることが、早く症状を落ち着けることにつながります。

 

健康カテゴリの最新記事