袴(卒業式)のクリーニング代の相場は?家で手洗いできる?かもる家の場合

袴(卒業式)のクリーニング代の相場は?家で手洗いできる?かもる家の場合

卒業式に長女が1回だけ着た袴。次の次女に着せるため、3年間保管しなければなりません。その前に必要なのがクリーニングです。袴のクリーニングってクリーニング代がとても高そうですよね。

どこのクリーニング店でもお願いできるのか、クリーニング代はどれくらいかかるのかなど、クリーニング代の相場、安い高いでどう違うかなど気になることがたくさんです。

ここでは、袴のクリーニングについてまとめました。




袴のクリーニング代の相場は?

 

袴のクリーニング代ってどのくらいが相場なのでしょうか?あまり高くても家計にひびきますし、安くても袴の状態が心配ですよね。

ですが、安いところはそのまま丸洗いをしているところが多く、シミができているなど、トラブルになるケースも多いようです。家計的には嬉しくてもせっかく買った袴が台無しになってしまうのは避けたいものです。

一方で、高いところではクリーニングの工程に違いがあり、袴を1着ずつ丁寧に洗ったり、汚れやすい場所を予洗いしたり、手をかけてくれています。だからクリーニング代が高くなってしまうのも仕方がありません。

袴のクリーニング代の相場としては、袴一式をクリーニングに出すと、3万円~5万円ほどになります。かなり高いですよね・・・。



袴はどのクリーニング店に持っていけば良い?

 

クリーニング店ってとてもたくさんありますよね。でもパッとお店を見てみると、クリーニング料金の一例として、「ワイシャツ○○円」ばかりが目立っているところも多いです。

そうなると、「袴はお願いできるのか?」「断られたらどこに持っていこう」という気持ちになってしまいます。

着物専門のクリーニング店が近くにあれば良いですが、なかなかないのが現状です。

着物専門のクリーニング店でなくても、白洋舎やフランス屋など全国チェーンのクリーニング店でも取り扱っていますよ。

料金も相場と同様、もしくはそれより安い設定になっています。素材により料金に違いがありそうなので、事前に電話で確認しておくと無駄足になりませんよ。


スポンサードリンク

 

クリーニング代が高い!手洗いはできる?

 

袴をクリーニングに出すと相場は3万円~5万円とかなり高額です。なんならもう1着レンタルしたり買えたりしますよね。主婦としてはクリーニング代は節約したいところ。袴は手洗いできるのでしょうか?

洗濯タグをチェックしよう

家で手洗いできるかどうかは、袴についている洗濯タグをまずはチェックしましょう。選択可能なマークが入っていれば、家で洗濯することができますよ。

袴や振袖の素材は基本的にはデリケートなものが多いですが、最近では着付けしやすい袴も人気です。我が家も長女には着付けしやすい袴を選びました。そのため、素材は振袖・袴共にポリエステルで、家で手洗いすることも可能です。

 

袴はクリーニングがおすすめ

 

長女のために購入した袴は、ポリエステルなので、家で手洗いすることもできます。ですが、私はアイロンが苦手・・・。

着物(振袖)の方は、形を整えて干すことを気を付ければのアイロンでいけそうですが、問題は袴です。このプリーツになっている部分をどうやってアイロンがけしたら良いのか・・・ということになり、クリーニングに出すことにしました。

袴一式のクリーニング代の相場は3万円~5万円ですが、わたしが持って行ったクリーニング店では5,500円でした。

本来袴や着物は専門業者へ依頼するそうですが、素材が両方ポリエステルであることという理由で、自社工場でクリーニングしてもらえることになりました。

専門業者へ依頼した場合でも、利用したクリーニング店では1万円強ということなので、相場よりもかなり安いですよね。

まだ仕上がっていませんが楽しみです。

袴のクリーニング代相場よりもかなり安い金額でクリーニングに出すことができましたが、3,000円など、もはや激安レベルのクリーニング店は、「失敗した!」という声も多く聞かれます。ある程度の出費は覚悟しておく必要がありそうです。


スポンサードリンク

 

おうちカテゴリの最新記事