部分入れ歯のお手入れは慣れれば簡単!毎日のブラッシングと週1の洗浄剤で

健康

43歳にして3本(1本と2本)が部分入れ歯のかもるです。歯が弱いため、将来のことを考えてブリッジという選択はありませんでした。抜歯した歯の全てを部分入れ歯にしましたが、最初はお手入れ方法が面倒で大変なイメージが。でも、実は部分入れ歯のお手入れは簡単なんですよ。




部分入れ歯は自分の歯と一緒に歯磨きはできない

 

部分入れ歯は最初こそ入れたときに違和感がありますが、慣れると違和感もすぐになくなってしまいます。食べているときはやはり食べかすが詰まることもありますが、食事のとき以外は部分入れ歯を入れていることを忘れてしまうほどです。

そんな部分入れ歯ですが、違和感がないとうっかり普通に歯磨きをしそうになります。

でも、部分入れ歯は残った歯と一緒に歯磨きをするのはNGです。その理由は歯磨き粉の研磨剤が部分入れ歯を傷つけ、傷の部分に雑菌が繁殖しやすくなるからです。

わたしもつい普通に磨きそうになり、歯磨き粉のついた歯ブラシを口に入れたとき、「忘れてた!」と思い出してあわてて外したことも何回かあります。



部分入れ歯の正しいお手入れ方法は?

 

部分入れ歯のお手入れは簡単です。お手入れは夜寝る前だけでOKなので、習慣にしてしまうと良いですよ。

  1. 部分入れ歯を外して軽く水道で洗う
  2. 洗浄液に入れ歯を浸す
  3. 翌朝、取り出して何もついていな歯ブラシで軽くブラッシングする

この3ステップでOKで、においも発生しませんよ。部分入れ歯や総入れ歯は口臭が気になるというイメージがありましたが、きちんとお手入れすればまったく臭いません。

毎日洗浄剤を使うのが面倒、もったいない(←わたしです・・・)という方は、毎日洗浄剤を使わなくてもOKのようです。つまり、2のステップを飛ばして何もついていない歯ブラシでブラッシングして保管して寝る、でも構いません。

洗浄剤のパッケージには毎日使用するのがベストだとありますが、歯科衛生士さんに聞いてみたところ、洗浄剤の使用は1週間に1回程度でも十分だそうです。その代わり、外したときはブラッシングをして、水に浸けるんだそうです。

部分入れ歯の種類にもよるかもしれませんが、わたしのような保険適用の部分入れ歯の場合、部分入れ歯を乾燥させると良くないので、夜外した後は水に浸しておくのが正解なんだとか。


スポンサードリンク

 

部分入れ歯のお手入れでやってはいけないこと

 

部分入れ歯は汚れやすいものですから、当然菌の繁殖なども気になりますよね。だからといって、熱湯消毒は部分入れ歯を変形させる原因になるので、絶対にNGです。

菌が気になる場合は、ポリデントなどの専用洗浄剤に浸けて除菌するようにしましょう。

入れ歯洗浄剤は水よりもぬるま湯の方がよく発泡しますが、熱湯で部分入れ歯自体が変形しては困りますよね。先に水を入れて、その上から熱湯を注いでぬるま湯を作るといったことも避ける方が良さそうです。

 

まとめ

・部分入れ歯をつけたまま歯磨きをしない
・部分入れ歯の洗浄剤は週に1回の使用でもOK
・何もついていない歯ブラシでブラッシングをする
うっかり他の歯と一緒に歯磨きをしてしまいそうになりますが、歯磨き粉に含まれる研磨剤で歯磨きすると、部分入れ歯に傷がつき雑菌が繁殖しやすくなって臭いの原因にもなります。
部分入れ歯は、きちんとしたお手入れで、口臭も気になりませんよ。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました