電池の白い粉の正体は?触ると危険?

おうち

電池に白い粉がついているのを見たことはありませんか?

電池の液漏れは危険と知っている方も多いですが、白い粉はどうなのでしょうか?

触っても問題ないのか、どう処理すれば良いのかなど調べてみました。




電池に白い粉が!

 

先日、未使用の電池を収納しているケースを開けると白い粉まみれの電池が1本ありました。

単2なので、ほとんど使う機会もなくいつからケースに入っていたのかもわからないものでした。

電池全体に小麦粉をまぶしたような白い粉がびっしりつき、ケースのそこも粉まみれでした。

触って良いのかわからず、とりあえずビニール袋越しに掴んでくるんとし、ケースは捨てました。

 

電池の白い粉の正体は電解液

 

電池の粉の正体は、中に入っている電解液が漏れたものです。

電解液は外に漏れると、空気中の二酸化炭素と反応し、白い粉になります。

電池の中の電解液ってとても危険なので素手では触ってはいけないというイメージがありますよね。

白い粉は電解質ですが、電池の種類によって、成分が違います。

 

アルカリ電池

アルカリ電池の電解液は水酸化カリウムです。

かなり強いアルカリ性の物質で、水酸化カリウム単体では皮膚が溶けてしまうほどで、劇物指定されています。

 

マンガン電池

マンガン電池の電解液は、塩化亜鉛で弱酸性です。

弱酸性と聞くとお肌に悪影響がないイメージがありますが、乾電池以外では木材の防腐剤などにも使用されていて、劇物に指定されています。

 

電池に白い粉がつく原因

 

使っていない電池や電池交換をしようとしてカバーを開けると、電池に白い粉がついていることがあります。

電池に粉がつく理由は、ほとんどが過放電です。

過放電というのは、スイッチを入れたまま放置し、電池の容量がない状態で長時間置いておかれたときに起こります。

過放電の原因は、新しい電池と古い電池を一緒に使うと起こりやすいです。

他にも電池の逆挿入や経年劣化、リモコンや時計などのような長期間の通電といった原因が考えられます。

 

電池の白い粉を触るとどうなる?

 

やっぱり1番気になるのがこれです。

今回は私が見つけたので良かったですが、もし子供がうっかり触っていたらと思うと怖いですね。

電池から液漏れしている場合、目や口に入ると影響があります。

特に水酸化カリウムは、水ぶくれやただれの原因になるので、もし液漏れしている電池に触ってしまったら、水道からたっぷりの水を出してしっかり洗い流しましょう。

症状がひどい場合は受診しましょう。

液漏れではなく白い粉の場合は、影響がまだマシなようですが、素手で触ってはいけません。

もちろん目や口に入らないように処分することが大切です。

白い粉がついている電池を捨てた後、しっかりその場所に掃除機をかけてください

 

電池の白い粉や液漏れを予防するには?

 

危険な電池の液漏れを防いで白い粉がつかないようにする予防方法をご紹介します。

  • 長期間使わない場合は電池を抜いておく
  • 古い電池は使わない
  • 電池を定期的に交換する
  • 電池を逆向きに入れない

電池は完全になくなってから交換するよりも、リモコンなどは反応が鈍くなってきたら交換するのが良さそうです。

 

電池の白い粉まとめ

 

お子さんがいると、赤ちゃんや小さいときに遊んでいたおもちゃや洋服などを整理する機会ってありますよね。

そんなときは、液漏れして電子に白い粉がついたおもちゃを発見する機会もあるでしょう。

もし見つけた場合は、素手で触らずに手袋やビニールを手に付けて処分するようにしてください。

電池の処分方法は自治体で違うので、お住まいの処分方法に合わせて捨ててくださいね。




 

コメント